男性

【販促ガイド】マーケティング調査やブランディングはノウハウが必要

早くて安い

インク

コストを意識

顧客に対して新製品の入荷やセールの情報を届ける販促手法と言えば、DM。取り扱う商品やサービスによって、アピール方法を変えて顧客の購買意欲を刺激する内容にするのが効果的です。DMは定期的に行なうものもあれば不定期に行なうものもあるので、その時々で必要数が変化します。ただ、いずれにしても、ターゲットとなる顧客の数が多ければ多いほど必要数は増えるので、準備やコストのことは考えないといけません。
コストを下げることを優先的に考えるのであれば、DM印刷を専門とするサービスを利用するのが効果的でしょう。オフセットプリントで対応してくれるDM印刷は、1枚から数千枚まで幅広く対応してくれます。しかも、コストを抑えることができるので、経費節減にも効果的です。

選ぶタイプで変わる

DM印刷の価格は、オフィスの複合機を使って作るよりも安いですし早く仕上がります。その価格帯は、紙の質や加工によって変わるので先に確認しておくと良いでしょう。例えば、定番の圧着ハガキは単純に2つ折りタイプだと1通あたり60円前後で依頼できますが、ふちのりタイプになると1通あたり90円前後になります。どれだけ予算をかけることができるかでも変わってきますが、お知らせする内容やターゲット層を考えた上で選定してみるといいかもしれません。
また、DM印刷は発注するロット数でも単価が変わるので、まとめて依頼する必要がある時は一括で行なうといいでしょう。上手く活用すれば、通常価格よりもさらにお得になるのでコストを大幅に下げることが可能です。